田屋の歴史 〜 明治・大正 〜

 
※凡例 =   :田屋の出来事 /   :銀座の出来事 /   :世の中の出来事

田屋の歴史 年代 田屋の歴史 できごと
 
1885
(明治18)
伊藤博文を総理大臣とする、初めての内閣が成立。
山梨県出身の田谷常吉が、洋小間物商・田屋(現在の田屋の前身)を銀座一丁目に創業。
創業者 田谷常吉
創業者 田谷常吉

創業時 田屋本店
創業時の田屋

創業時の店内
横浜港などで、イギリス人などから買い付けた、舶来の品が並ぶ。
ショーケースはすべて当時イギリスから輸入した
1889
(明治22)
銀座が東京市京橋区内となる
銀座一丁目の本店(明治期)
明治期の銀座地図
当時の地図。中央付近に「田屋」の文字が確認できる
1894
(明治27)
日清戦争始まる
銀座4丁目交差点に服部時計店(現:和光ビル)の時計台が完成
当時の田屋本店(一丁目)/以下、田屋カタログより
店内には高級品から化粧品、日用品の類まで舶来の品が所狭しと並べられた。
オーダーメイドの為に用意されたシャツ生地。生地はイギリスから仕入れた。
二階・帽子とステッキの売場。田屋はステッキと帽子を初めてイギリスから仕入れた。
正面にはワイシャツが並んでいる。
右手奥に並ぶのは、舶来の香水。
1895
(明治28)
樋口一葉『たけくらべ』

田屋洋品カタログ(明治・大正期)
一頁一頁が切り取れるポストカードになった洒落た装丁。
「カタログ掲載のイラスト」(1)〜(3)
(1)DRESSING GOWNS,
PAJAMAS SLIPPERSAND TOWEL
(2)RAINCOAT
(3)LINTOCK,DOWN QUILTS(当時の英字キャプション)
1904
(明治37)
日露戦争始まる

1905
(明治38)
銀座四丁目に田屋支店を開業
常吉の義弟、梶原重蔵が田屋支店を銀座四丁目に開業。舶来洋品雑貨の小売り販売を営む(当時は唐物屋と呼ばれた)。後に、この場所が本店となる。
 
田屋支店(現:銀座本店)
田屋支店の開業
現在の銀座本店。(田屋カタログより)
1909
(明治42)
烏森駅(現JR新橋駅)開業

1910
(明治43)
有楽町駅開業
韓国併合 大逆事件

1923
(大正12)
9月1日、関東大震災
店舗焼失(一丁目、四丁目ともに)
多くの店舗同様、田屋も焼失した(一丁目店は以後休店)。11月10日、銀座通りの商店が一斉開店。営業を再開。
関東大震災
「関東大震災10周年記念碑」
銀座4丁目/数寄屋橋公園内交番裏
関東地方南部を襲った地震はマグニチュード7.9。死者、行方不明者は14万人を越えた。